「子供を殺してください」という親たち 漫画 36話 依頼にならなかった家族たち―逆ギレする親―(2) ネタバレ

子供を殺してくださいネタバレ【トキワ精神保健事務所】

過度なしつけ、教育によって精神が壊れていった子どもたち。

幼い頃に受けた親からの圧力は

時が過ぎると、親への暴力となって返ってくる…

 

画像をクリックして

子供を殺してください」で検索してください▽

大手電子サイト・めちゃコミックで無料試し読みできます

画像クリック後、画面右下の🔍マークから検索してください。

こんにちは。2児のママ・リサです。

36話 依頼にならなかった家族たち―逆ギレする親―(2)

めちゃコミックで先行配信されていたので読みました。

 

35話で息子を心配する母親と

息子を放置しようとする父親。

 

ついに「トキワ精神保健所」へ行き着いたこの夫婦の

最終的な決断が描かれています。

 

独占先行配信している

「めちゃコミック」はこちら>>

※画像クリック後、画面右下🔍マークから

「子供を殺してください」で検索してください。

ここからはネタバレ注意

押川さんと面談する鶴山夫妻。

5年以上引きこもる息子を何とかしてほしいと

父親が話します。

 

押川さんが車中泊について話すと

「アパートを借りようにも貴重品が持ち出せない」

と言う父親。

 

母親は

「話せばわかると思うんです。

あの子は公務員試験に受かるような優秀な子ですから」

 

しかし、息子・知記の異常行動が激しくなります。

 

知記自身も、自分はうつ病ではないかと、言ったことがあります。

入院したらすぐ良くなると

勘違いする母親。

 

知記がかわいそうと泣き崩れる妻を見て

父親は就職できるように説得してほしい

と訴えます。

 

まだ…息子さんを追い込むつもりですか?

 

と押川さん。

 

父親は、入院を希望し、押川さんに手続きを頼んだのですが…

 

翌日、父親からキャンセルの電話が入ります。

 

押川さんが

息子を追い込んだ

と言ったことが、どうしても許せないと…

 

結局、相談料を返金し、依頼はなくなりました。

 

依頼にならなかった家族たち―逆ギレする親―(1)(2) 感想

33歳という、

年齢的に大人であるはずの息子が

やっと声を上げたのだと、思いました。

 

きっと両親に大切に育てられ

両親の言うことを守り

両親の希望のままの人生を歩んでいたんでしょうね。

 

それが転職というカタチで自立しようとしたものの

うまくいかず

両親に八つ当たりするようになり…

 

そんな息子を

放っておきたそうな父親。

涙を流して「かわいそう」という母親。

 

何か、どこかが抜けている…

 

愛情を注いで一人息子を育てたんだと思うんです。

でも、

その大事な息子の心の声に

気づかなかった…

 

子供は大人の持ち物ではないんですよね。

 

そして大人も

もっと子供に寄り添ってほしいし

専門家のアドバイスを素直に聴いてほしかった…

 

35話の冒頭にあった救いの糸が

切れてしまった…

 

そんな気持ちが残りました。

 

占先行配信している

「めちゃコミック」はこちら>>

※画像クリック後、画面右下🔍マークから

「子供を殺してください」で検索してください。