【漫画】「子供を殺してください」という親たち 45~46話 読んだ感想 

子供を殺してください【トキワ精神保健事務所】

作者 鈴木マサカズ 押川剛
出版社 新潮社
無料サンプル ⇒こちらをクリックしてください
雑誌 BUNCH COMICS
ジャンル 青年漫画

 

 

こんにちは。2児のママ・リサです。

 

【ケース10】すべて弟にのしかかる①(1)(2)

を読みました。

 

きょうだいが精神的な疾患を抱えていたら…

 

いくら子供でも、

 

体の大きくなった男の子を抑えることには

 

親でも恐怖を感じるでしょう。

 

託された兄弟は…苦しく、不安で

 

彼までもがおかしくなりそうな…

 

 

そんな家族を描いています。

 

 

 

45話のネタバレ・感想

 

公園で仲良くサッカーをしている親子。

 

その親子をベンチで眺める男性の手には

 

ナイフ

 

 

ぞっとしました。

 

 

最初は、この親子を殺めるのか…と思いましたが、

 

 

転がってきたサッカーボールを笑顔で返す彼。

 

 

ほっとしました。

 

 

いざってときは やらなあかん

 

 

何をするのか…

 

 

家路につく彼・松元雄二郎は25歳の教師。

 

 

家の中は

 

 

ごみだらけ。

 

 

そして焦げくさい臭い。

 

 

兄・誠一が

 

 

根性焼きをしています。

 

 

 

誠一の腕や首は

 

 

根性焼きの痕でいっぱいです…

 

 

押川さんの前で、母親は病気を治したい、と言っていますが

 

 

押川さんは「詭弁はいいですよ」と一蹴。

 

 

手に負えない息子をどうにかしたいという母親の姿が

 

 

そこにあります。

画像をクリックして

子供を殺してください」で検索してください▽

⇒eBookJapanで無料試し読みできます。

 

 

46話のネタバレ・感想

 

タバコに火をつけて

 

自分の体に押し付ける根性焼き。

 

 

その痕が体中にある誠一。

 

 

なぜか母親は隣のはなれに住んでいて

 

 

面倒を任されているのは、弟・雄二郎。

 

 

雄二郎は教師として働き、彼女もいます。

 

 

でも

 

 

将来が不安で不安で仕方ない…

 

 

だから

 

 

ナイフを持っているんですね。

 

 

いざというとき、やらなあかん

 

 

その「いざ」というときのために。

 

 

雄二郎の望みは「平凡」「フツー」の暮らしです。

 

 

なのに兄・誠一は

 

 

根性焼きの痕がいっぱいの手で

 

 

雄二郎の部屋を物色し

 

 

勝手に雄二郎の服を庭に集めて

 

 

燃やしてしまう…

 

 

その一部始終を見ていた母親は

 

 

止めることもできない…

 

 

自暴自棄の兄。

 

 

不安で落ち着かない弟。

 

 

弟に任せきりの母親。

 

 

バラバラの家族に

 

 

押川さんはどう応えるのでしょう…

画像をクリックして

子供を殺してください」で検索してください▽

⇒eBookJapanで無料試し読みできます。